4年生のページ




6月17日(金)社会科見学に行ったよ!
出発式です。

「行ってきます!!」
晴天に恵まれ、待ちに待った社会科見学が始まりました。

「ゴミを処理しているところを見るのが楽しみだな。」
バスに乗って、クリーンセンター大崎に到着しました。
 「清掃工場ってこういう仕組みになっているんだね。」
まずは、大ホールで職員の方から清掃工場について教わりました。
 「清掃工場の模型があるよ!」
広い敷地、高い煙突。
清掃工場の作りについて学びました。
 「あ、ゴミを降ろしているところだ!」
プラットホームで何台もゴミ収集車が出入りしているところを見ました。
「1日のゴミの量ってすごく多いんだね。」
「たくさんのゴミがあるね・・・」
ごみピットには私たちが出したゴミで埋まっています。
 
 「見て!クレーンを操縦しているよ!」
クレーンの操作技術に皆、驚いていました。
 「何を調べているのかな?」
クレーンによって運ばれたゴミは、焼却炉で900〜1000℃で燃やされます。今日は運良く点検しているところを見ることができました。
 「コンピュータがいっぱいあるね。何をしているんだろう?」
中央操作室では、24時間体制で焼却炉を管理しているそうです。
 「発電も行っているんだね!」
ゴミを焼却することによって発生したエネルギーは、電気に変換されるそうです。また、蒸気を様々な施設に送ることもしているんだって。
 「実際に見てみると、すごく勉強になったね!」
清掃工場についてたくさんのことを学習することができましたね。
「お腹空いたぁ・・・」
さきたま古墳で昼食です。
丸墓山古墳をバックに班の皆と仲良くお弁当を食べました。
 
 「登るの大変だ・・・何段あるんだろう。」
昼食後、丸墓山古墳に登りました。
「忍城はどこにあるのかな?」
丸墓山古墳の頂上から、行田市内を見渡すとともに、忍城を探しました。
 
 「こ、こわい・・・」
さすが丸墓山古墳。下り階段は皆、おそるおそる降りていました
「水路があるよ!」
武蔵水路に沿いながら、利根大堰を目指します。
 
 「川の下を武蔵水路が通っているんだって!」
バスガイドさんに、ふせこしになっているところを教えてもらいました。
「こうやって私たちのところに水が届いているんだね。」
電光掲示板で、水の流れについて学習しました。
 
 「5つの水路に分かれているね!」
屋上に登って、水路の分かれ方を実際に見てみました。
 
 
   「あっちの利根川から水がきているんだね。」
私たちの生活用水が利根川から送られていることを確認しました。
 
 「利根大堰ってどうなっているんだろう。」
天候によって、ゲートを上げ下げすることで、利根川の水位の調節をしているそうですよ。
 
 
   「わぁ!魚がいるよ!」
魚道をのぼる魚を見て、皆大喜びでした。
 
 「水道教室でも教わったけど、やっぱり水は大切にしないといけないね。」
大切な水を守るために、皆さんに何ができるか考えてみてくださいね。
 
 
   「ただいま!!」
楽しかった社会科見学もあっという間におしまいです。
様々なことを学んで、とても充実した1日になったね。